【Patch8.17】全国のアニー使い達に届け、この思い……っ!!

ついに少女が戦えるように!?

おはようございます。そしてお久しぶりです、あにこです。

Patch8.17ついにきましたね。

それでは早速皆様が一番気になっている事からお伝えしましょう。

引用:LOL公式ページ様

こちらのAAレンジの増加についてです。

レンジが増えた事で、何が出来るようになるのか、何が強くなったのか。これらを私の視点からまとめてみました。

まずは強みからお伝えします

もし皆さまがアニーを使用しないというのであれば、彼女のレンジが増えた事で警戒しなくてはいけないコンボがある事を知らなければなりません。

警戒を怠れば、恐らく驚くほど簡単にデスしてしまう事でしょう。

ようやくアニーがMIDで戦える日が来たというわけです。

まずは以下の最大コンボをご覧ください。

こちらがPatch8.17で出来るようになったLv2から出来るult無しのアニーの最大コンボです。

これは追撃用コンボで敵をそのまま倒せるときに使用します。

AAレンジが625に増えた事により、コンボ始動がQからではなくAAからになっています。

手順は以下の通りになります。

コンボ前半:AA→前歩き→Q→前歩き→AAキャンセルW→前歩き→AA

コンボ後半:追撃のQ→前歩き→AA→ignite→AA(レンジ575ではこのAAが入らなかった)

コンボ前半を入れて敵がデスする圏内であれば、細かく前歩きをしている事によって追撃のQ→AA→前歩き→ignite→AAで止めを刺せます。

この最大コンボを完璧に叩き込むとどうなるかといいますと、Lv3ゼドを相手にAAの40ダメージが3回、Lv2Qのダメージが100前後、Wのダメージが60前後ですので約160+AA3回の120ダメージ+電撃のダメージが40前後+igniteの確定ダメージが130で……

Lv3での純粋な総ダメージ量は約440

これに相手の自動回復とポーション使用の疑似的なヘルス増加を考慮します。ignite下でも5秒間に27~8前後は回復します。つまりキルラインは約HP415以下になります。

もし、私とマッチするようなMIDレーナーの皆さんはLv3でヘルスが415以下になったら、すぐに下がった方が良いでしょう。もし、一瞬でも油断すればそれがデスにつながるからです。

Patch8.16まではキルラインはHPが380以下でしたので、まるまるAA一回分キルラインが下がっていますね!

この増加が非常に大きくて、今まで圏内ギリギリ(HP400前後)をうろうろしていて倒せなかったゼドのヘルスを一気に持っていく事ができます。もし相手が逃げ遅れているならば、追撃のQ→AA2回で一気にヘルスを持っていく事も出来ます。

このAA2回はPatch8.16までは1回しか入らなかったため、ここも大きな変更になります。

完璧に動けば、追撃も含めるとLv3での最大コンボのダメージは80前後増加していると言って良いでしょう。

AAレンジが伸びた事による別の利点

またマルザハルの虫やヘイマーのタレット等にも対処しやすくなります。相手のスキル範囲外からタレットや虫を倒せるようになるため、この二つのチャンプに対しての勝率はあがるでしょう。

更に言うとアニーが苦手とするオリアナや、シンドラ、カサディンなどにも対処しやすくなります。何故なら、タワー下でファームする事になるこちら3体の対処には今まで、WでのCSを余儀なくされていました。

今まではAAレンジが短く、相手のハラスを避けるために仕方なく発生の速いWでファームしていました。その部分がなくなり、Lv6までマナを温存出来るようになるため、ワンチャンスが生まれるからです。

更にAAレンジが625という点にも注目

これはあのにっくき糞鳥のaniviaよりも25だけ長いという事になります。

この25がどういうことかというと、今まではQWを入れ、AAまで入れるとAAレンジの短さから、相手に追撃をどうしても許してしまっていました。

しかも相手の方がAAレンジが長かったために、2発ほど余分に受ける事もしばしばあります。

ですが今日からは、こちら側も負けずとAAを返せるタイミングが増えました。

ですので思い切って攻め込むことが出来るようになりますし、あのにっくき糞鳥をわからせてやる大きな好機が舞い降りたというわけです。

さぁ、皆で焼き鳥にしちゃおう!!

TOPアニーが最強!?

レンジが伸びた事により、TOPではしばらく猛威を振るいます。

ダリウスやフィオラ相手にリスクを負ってAAハラスをする必要が無くなり、この2チャンプに対して元々有利だったのが、更に優位に立ち回れるようになります。

人気度の高い両チャンプですので対策にアニーを出す事も視野に入れましょう。

またナーフ後ではありますが、クインにもカウンターと言って良いレベルで楽なのでこちらにもアニーで対策できます。またにっくき害獣teemoには明確なカウンターとなりますので、teemoを先出ししてきたらTOPアニーで蹂躙してやってください。

「teemoだ!!!!!!!!!!潰せ!!!!!!!!」が私達の合言葉です。

サポートやADCは微妙なまま

現在の環境だとどうしてもサポートやADCとして運用するのは微妙です。

「Annie Damage Carry」略してADCは、レンジが伸びた事で今より少しマシにはなりますが、いかんせんアタックスピードが激遅いせいで、どうしてもプッシュ負けします。

ですので、序盤苦しい戦いになるのは明白。ただしタワー下で安全にファームがしやすくなるため、普通にピックしてもいいレベルにはなるでしょう。

ただし、ジンクスやケイトリンに後出しするのはありえません。

どうしてダメかって?自分で考えてください。

サポートはどうなの?

サポートアニーは序盤のマナが足りず、相手によってはまともに戦えません。

AAレンジの増加によって相手のピック次第で出す事も視野に入れてよいレベルにはなりましたが、それでもやはりここまで紹介したMID、TOP、ADCに比べるとあまりにも貧弱だと言えるでしょう。

そもそもアニーを出すならザイラでいいですし、APダメージが欲しいならブランドで良いはずです。

この2体を差し置いて可愛いからという理由以外で、可憐な魔法少女を出す理由が全くありませんし、装備依存度の高いアニーでサポートをやる意味がそもそも薄いです。

明らかな下位互換ではありますが、相手によってはピックしても良くなったことだけはたしかです。

まずカイサ対策。

これはカイサがザイラやブランドといったAPメイジに対して、かなり強力だという点です。

スキルショットを避けられやすく、しかもかなりの耐久性をもったシールドでダメージを防がれてしまいますので逆にやられかねません。

ですがアニーには確定スタンがありますので、レンジの短いカイサ対策に出すのは引き続き有益でしょう。

最もカウンターとして出したいのはヴェインです。あのババアはADCのくせにファイターのような動きをしますので、アニーの伸びたレンジ卍625卍で地獄を見せてやりましょう!!

以上が私の考察になります。

全国のアニー使いの元に届け、この思い!!

 

6 のコメント

  1. ピンバック: 【Patch8.17】全国のアニー使い達に届け、この思い……っ!! | LOL 攻略速報まとめアンテナ

  2. ピンバック: LoL 18年8月の出来事まとめ | Aggregator

  3. お久しぶりです!!
    アニーちゃん強化きましたね!!今回のパッチで変更されたアニーちゃんであにこさんのプレイ動画を見てみたいです!!
    特に対面ゼドやアニビアを見てみたいのですが…
    更新楽しみにしてます!!

    ゆうこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。